RECOMMEND
動画メッセージ
ブログペットの小澄
かわいいよ
ライブドア4コマ
僕の好きな4コマです。
≡ SPONSORED ≡
ABOUT
CALENDER
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SEARCH


<< 囲碁界の光と闇その3(全5回) | main | 何回か行って碁会所で学んだこと >>

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

♯ 将棋界分析その2(全3回)

将棋界の面白さは棋戦システムの面白さだと思います。
まず、■順位戦のつぶし合いによるマンネリ化の防止
囲碁は、強制的にやめさせられるということはあまりないですがやっぱり一定の緊張感が欠けていると思うのでマンネリしてしまうんだと思います。
しかし、将棋の順位戦はフリークラス棋士は10年ぐらいそこにいると辞めさせられてしまうのでまさにつぶしあい!一定の緊張感が保てるということです。
もう一つに、■女流に特別な機関がある。
女流奨励会などがあり女流の棋士が入ってきやすい環境で、独自の棋戦もあるから実力さえあれば誰でも輝けるということになりますよね!
こんな感じで、囲碁界とは違った棋戦システムでそれぞれの良さを出している囲碁界と将棋界・・・・どっちも面白いです!
次回はまとめということで区切りをつけたいと思います(実を言うとネタ切れ)
| 将棋 | 18:43 | - | trackbacks(0) | | |

♯ スポンサーサイト

| - | 18:43 | - | - | | |

♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック